前へ
次へ

沖縄の賃貸マンション事情、安い物件が多い背景

沖縄の賃貸マンションは、都市部の南部において、それ程、賃貸料に差が見られません。沖縄では、道路の拡張によって土地が買収され、買収したお金を元に賃貸マンションを建てる傾向が増えているのです。一般的に新築であれば、賃貸料が高くなる傾向にありますが、新築であっても賃貸料にそれほど差がありません。沖縄では、復興予算を元に様々な場所で道路の整備がなされています。賃貸マンションの数が多く建てられており、特別な価値が、あまり見られないのです。何よりも、沖縄は、日本でも給料が安く、共働き世帯も数多く存在します。どの様な新築でも、借り手が現れなければ、収入を得ることができません。復興予算の使い道は、県民の平等な利益を考えれば、どうしても、多くの人が利用する道路などに予算が集まってしまいます。沖縄でのこの賃貸マンションの傾向は、今後、更らに高まる可能性もあり、空室を抱える物件も増えだしていくでしょう。逆に言えば、借り手は借りやすくなるため、借り手に取って有り難い話なのかもしれません。

Page Top